[Windows] 書き込んでも反映されない

「かえうちカスタマイズ for Windows」で書き込みを行っても反映されない場合の対処法です。

適用条件

  • 最新の「かえうちカスタマイズ for Windows」で書き込みを行った。
  • 「書き込み」ボタンを押すと、プログレスバーが伸び、完了となる。
  • 完了した状態で かえうち にキーボードを接続する(接続したまま書き込んでも可)と、緑LEDが点灯して普通に入力できる。
  • しかしキー配列は明らかに変更されていない。

本当に反映されていませんか?

かえうちのカスタマイズ内容は多岐に渡るので、キー配列が変更されていても意図と異なっていて気づいていないだけということもあり得ます。

配列面0の文字キーにLED赤
ON
を配置するなどを試して、本当に書き込みが反映されていないのか再確認してください。

対処法

いずれの対処法も、一度だけ行えば以後の書き込みは Windows/macOS 問わず正常に行えるようになります。

Mac または Linux をお持ちの場合

一度「かえうちカスタマイズ for macOS」または「かえうちカスタマイズ for Linux」を使って書き込みを行ってください。

Mac/Linux をお持ちでない場合

以下の手順に従ってください。

  1. Atmel Flip のインストール
  2. kaeuchi-recovery.hex をダウンロードしてください。
  3. かえうちを接続します。キーボードは不要です。
  4. デバイスマネージャーで「AT90USB64」が認識されることを確認します。デバイスマネージャーはそのまま開いておいてください。
  5. 先ほどインストールした Atmel Flip を起動します。
  6. 一番左のアイコン(ICの形)を押し、「AT90USB646」を選択してOKを押します。
  7. 左から2番目のアイコンを押し、USBを選択。「Open」を押します。
  8. 右から3番目のアイコン(ノート下矢印)を押し、先ほどダウンロードしたkaeuchi-recovery.hexを選択します。
  9. 左下のRunを押します。書き込み作業のプログレスバーが表示され、数秒で完了します。
  10. かえうちを一旦PCから外します。
  11. かえうちを再度PCに接続します。緑LEDと赤LEDが交互に数回点滅します。
  12. LEDの点滅が終わって5~10秒程で、デバイスマネージャーに「AT90USB64」が再度表示されるようになります。
  13. この状態で「かえうちカスタマイズ for Windows」を使って書き込みを行ってください。書き込み完了後にキーボードを接続し、緑LEDが点灯すれば作業完了です。