製品概要

まずはプロモーションビデオをご覧ください。

「いつものキーボード配列」が使いたい!

皆さんはキーボード入力に満足していますか? このキーが遠いなぁとか、いつものコマンドを一発で打ちたいなぁとか、そういった不満はありませんか?
でも世のキーボードは並びが決まっています。「A」を押したら「A」か「あ」が出るだけ。カスタマイズの余地なんてありません。

こだわる人ならすでにCapsLockをCtrlにしたり、Dvorakや親指シフトなどを使っているかもしれませんね。でもそれはおそらくレジストリやソフトウェアによる変更でしょう。iOSやAndroidにキーボードを繋いだときは「普通の配列」で我慢しますか? 会社やネットカフェでソフトのインストールができなければ諦めますか?

いつでもどこでも、「いつものキーボード配列」が使いたい。そんな希望を「かえうち」が叶えます。

このプロジェクトでは、どんなデバイスでも、どんなキーボードでも、常に自分の使いたいキーボード配列が使えるようになるアダプター「かえうち」を開発・販売いたします。これさえあれば、WindowsでもMacでも、iOSでもAndroidでも、格安キーボードでも高級キーボードでも、「いつものキーボード配列」が実現します。

かえうち の仕組み

かえうち はUSBキーボードとシステム(PC/タブレット/スマートフォン)の間に接続します。ユーザーのキー入力を一旦 かえうち が受け取り、事前に設定したキー配列に従って一般的なキー配列(QWERTYローマ字入力)に変換し、変換後のキー入力をシステムに伝えます。変換は一瞬*1単純なキー並び替えの場合、遅延9ms未満。で行われます。

ユーザーは「いつものキー配列」が使える一方で、システムは普通の[QWERTYローマ字入力]または[JISかな入力]を受け取ります。iOSやゲーム機など「普通のキー配列」しか受け付けないシステムでも、「いつものキー配列」が使えるようになります。

かえうちの特徴

かえうち は3つの自由を実現します。

システム選択の自由

普通のキーボードが使える機械なら、どんな機械でも「いつものキー配列」が使えます。Windows、macOS、Linux、iOS*2iPad/iPhoneにUSBキーボードを繋ぐためには、「Lightning-USBカメラアダプタ」または「Lightning-USB3カメラアダプタ」が必要です。消費電力の大きい一部のキーボードでは、「Lightning-USB3カメラアダプタ」のLightningメス端子に電源ケーブルを接続しないと使用できない場合があります。、Android、ゲーム機など、一般的なUSBキーボードが使える機械ならなんでもOKです。

PCやタブレットには、キーボードを直接繋いでいるのと同じように認識されます。ソフトウェアのように管理者権限も必要ありませんし、リモートデスクトップや仮想マシンなどでも「いつも通り」使えます。

キーボード選択の自由

かえうち に繋げるキーボードは、いわゆる普通*3一部のゲーミングキーボードなど、専用のデバイスドライバを必要とする特殊なキーボード(使用できるOSが限られている,BIOS画面で動作しないなど)には対応しておりません。のUSBキーボードであればなんでもOKです。日本語配列/英語配列、テンキーの有無などは問いません。こだわりの高級キーボードでもいいですし、PCの付属品でも構いません。

キー配列の自由

キーボード配列はカスタマイズ可能です。

  • CapsLockをCtrlにするなどのキー機能変更
  • DvorakやColemakなどの文字キー並べ替え
  • システムは通常のローマ字入力設定のまま、親指シフト,新JIS,AZIK,月配列 などの各種日本語配列の利用
  • システムはJISキーボード認識のままUSキーボードの利用、あるいはその逆
    • iOSでもJISキーボードをキートップ表示のまま正しく入力できます。
    • USキーボードのみ対応のOSにJISキーボードを接続する場合でも、キートップ表記通りの記号を入力できます。
  • 「変換+HJKLでカーソル」などのショートカットキー
  • 複数のキー配列を切り替え
  • その他オリジナルキー配列

設定したキー配列はアダプター内部に保持します。キー配列はWindows/macOSで書き換え可能です。

Windows macOS Linux iOS
Android
その他
キーボード入力
カスタマイズ
(CLIのみ)

使い方

使い方は簡単。「使いたいシステム」と「使いたいキーボード」の間に接続するだけ!

これだけで、あなたの「いつものキーボード」が使えるようになります。

キー配列の書き換え

キー配列を書き換えるときは、

  1. カスタマイズ用Webアプリケーション「かえうちカスタマイズ」(未購入でも操作体験可)で好みのキー配列を作成。

  1. 設定ファイル「かえうちカスタマイズファイル」と、書き込み用ソフトウェア「かえうちライター」をダウンロード。
  2. 「かえうちライター」を起動し、「かえうちカスタマイズファイル」を選択。

  1. かえうちをカスタマイズモードに切り替え、「かえうちに書き込み」ボタンを押す。

これで「かえうち」は「あなたのための かえうち」になります。

日本語入力ON/OFFの不一致

かえうち単独で利用する場合

システムが日本語入力中(IME ON)なのか、直接入力中(IME OFF)なのかを取得することはできません。かえうち の日本語入力ON/OFFと、システムの日本語入力ON/OFFの状態が一致しない場合に、意図しない文字が入力される可能性があります。

原理上かえうち単独でこの問題を完全に解消することはできませんが、設定を工夫することで軽減することができます。

  • [例]変換キーを押すとIME ON、無変換キーを押すとIME OFFになるようシステムを設定し、変換/無変換キーの機能に かえうち の日本語入力ON/OFFも同時に割り当てる。

かえうちを使う際に、システム上で「かえうちパートナー」を実行する場合

WindowsとmacOSでは、システム上で専用ソフトウェア「かえうちパートナー for Windows/macOS」を常駐させることで、「かえうち」の日本語入力ON/OFFとシステムの日本語入力ON/OFFを常に一致させることができます。

Windows macOS Linux iOS
Android
その他
[かえうち単独]
IME状態の一致
[パートナー併用]
IME状態の一致
○(※)

(※) かえうちパートナー常駐時はIME状態の一致に加えて ・/、。,.「」[]『』【】 など記号の打ち分けが可能。

かえうち にできないこと

「Fn」キーの入れ替え

一部のキーボードには、「Fn」キーと他のキーを組み合わせることで、別の操作をすることができるものがあります。かえうち では「Fn」キーを別のキーに変更することはできません。

マウス一体のキーボードの接続

トラックポイントキーボードなど、キーボードにマウス機能が一体になった製品を接続した場合に、マウス操作をシステムに伝えられません。(キーボード操作については問題ありません。)

製品仕様

製品サイズ 約68×25×15mm,約15g
入出力端子 USB-Aオス(PC/タブレット/スマートフォン側)
USB-Aメス(キーボード側)
動作表示 LED×2
電源 USBバスパワー(外部電源不要)
消費電力 約200mW(約40mA;キーボード除く)
製品保証 ハードウェア故障の対応は発送から1ヶ月
内部処理の問題はファームウェアアップデートで対応

動作確認済みシステム

以下のシステム・キーボードでの完全動作を確認しています。これ以外のシステム/キーボードでは完全動作しない場合もございます。

システム Windows 10 32/64bit (Fall Creators Update 動作確認済み)
Windows 7 32/64bit
macOS 10.11 El Capitan ~ 10.13 High Sierra
iOS 10.2 (iPhone SE, iPad mini 2)
Ubuntu 17.04
Android 4.0*4Androidのバージョンが古いのは、単に私が古い機種しか持っていないためです。
キーボード PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP
PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac
Apple テンキー付きUSBキーボード
オウルテック OWL-SMK03

[フォーラム]対応機種 にユーザー様の使用実績が投稿されているので、参考にしてください。非Bluetoothな無線キーボード(専用USBドングルが付属するタイプ)での動作も確認できているようです。

USBハブ内蔵キーボードを「かえうち」を接続する場合、ハブの下に他の機器(USBメモリなど)を接続しても動作しません(キー配列変換機能には問題ありません)。

処理性能

かえうちを接続することによる遅延:9ミリ秒以下*5単純なキーの並べ替え(同時押しMODなどを使わない)キー配列で、かえうちの有無での差を測定。240fpsのカメラで遅延差2フレーム未満=8.4ミリ秒未満。

キー配列仕様

設定可能なキー配列の仕様です。

種類 仕様 備考
接続するキーボードの物理配列 日本語キーボード(*1)
英語キーボード(*2)
システム側のキーボード認識 日本語キーボード(*1)
英語キーボード(*2)
キー操作で切り替え可
日本語入力方式 ローマ字入力用
かな入力用(*3)
キー操作で切り替え可
キー配列面の数 最大20面
最大32面
同時押しシフトキーの数
(配列面切り替えに使うキー)
最大8キー
最大32キー
文字キー同士の同時押し対応
シフトキー単独打鍵に機能割り当て可
同時押しシフトキー同士の同時押しに対応
ユーザーモディファイア(*4) 最大32キー モディファイアキー単独打鍵に機能割り当て可
かな文字 165種類 清音,(半)濁音,長音等
捨て仮名(ゃゅょ など)
単独(半)濁点
拗音(きゃきゅきょ など)
マクロ 8文字まで 最大64個 [例1] 配列面を切り替えて、無変換キーを出力する
[例2] ローマ字入力で「inn」「yan」などを一気に入力する
32文字まで 最大16個 [例] メールアドレスを一気に入力する
128文字まで 最大4個 [例] 定型文を一気に入力する

(*1) 日本語キーボードとは、106/109キーボード(JISキーボード)を指します。
(*2) 英語キーボードとは、101/104キーボード(USキーボード)を指します。
(*3) かな入力系の日本語配列(JISかな や 親指シフトなど)を使う場合に、システム側の設定が「ローマ字入力」でも「かな入力」でも入力できます。
(*4) キーを押している間だけ(通常シフト)、またはキーを押した直後の打鍵だけ(前置シフト)別の配列面に切り替える機能です。

※ 取り消し線のある項目は、製品発表時から仕様を拡張しました。

キー配列面やマクロに利用できるキー/文字

種類 仕様
キーストローク+修飾キー CtrlやShiftなどの修飾キーの状態は、「修飾キー付きで出力」「修飾キー無しで出力」「実際に押されているかに従う」から選択
記号入力 キーボード認識に関わらず、特定の記号を入力
かな文字 ローマ字入力/かな入力に関わらず、特定のかなを出力
(かな入力では一部の記号が入力できません)
配列面の切り替え
LEDの点灯・消灯

※ 「Ctrl-Shift-Delete」「『@』を入力」「『か』を入力」「配列面の切り替え」はすべてそれぞれ1文字として扱われます。

 

製品仕様や対応機器、キー配列等についてのご質問は、フォーラムTwitter (@kaeuchi)Facebookにお気軽にお問い合わせください。

注釈   [ + ]

1. 単純なキー並び替えの場合、遅延9ms未満。
2. iPad/iPhoneにUSBキーボードを繋ぐためには、「Lightning-USBカメラアダプタ」または「Lightning-USB3カメラアダプタ」が必要です。消費電力の大きい一部のキーボードでは、「Lightning-USB3カメラアダプタ」のLightningメス端子に電源ケーブルを接続しないと使用できない場合があります。
3. 一部のゲーミングキーボードなど、専用のデバイスドライバを必要とする特殊なキーボード(使用できるOSが限られている,BIOS画面で動作しないなど)には対応しておりません。
4. Androidのバージョンが古いのは、単に私が古い機種しか持っていないためです。
5. 単純なキーの並べ替え(同時押しMODなどを使わない)キー配列で、かえうちの有無での差を測定。240fpsのカメラで遅延差2フレーム未満=8.4ミリ秒未満。