ファームウェアのバージョン選択が保持されるようになりました

先日リリースしたファームウェア 2.0に関する不具合が複数報告されており、解決に時間がかかっております。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

問題の影響範囲が大きく(不具合に遭遇するユーザーの比率が高い)、1.7 や 1.8 をそのままお使いのユーザーが多数いらっしゃいます。ファイル読み込みの度にファームウェアバージョンを選択し直すのは面倒でしょうから、ファームウェアバージョンの選択が保持されるようにしました。

  • ログイン時、ファイル読み込み時、サンプル読み込み時ファームウェアバージョンの選択がリセットされます。
    • 以前は、特定のバージョンに固定されていました。
    • 今後は、サーバーの書き込み履歴を参照して、最後に書き込みを行ったバージョンが選択されます。
  • 「履歴」機能同様、サーバー上のデータに基づいて選択されます。プロダクトキーで管理されているので、複数PC利用、複数かえうち利用であっても、プロダクトキーが共通であれば履歴情報が共有されます。
  • 「履歴」の「書き込み履歴」と同様、「カスタマイズファイル作成中」まで進めば(書き込み失敗したとしても)履歴として記録されます。
  • 一度も書き込みを行っていない場合は(現時点では)1.7 が選択されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください