mokayasu

フォーラムへの返信

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • 返信先: かえうちAll In One #1320
    mokayasu
    参加者

    いつもながら、対応が速いですね。
    ちょっとワザに溺れました。左親指シフトを無変換またはSpaceで行える様にするだけなら無変換とSpaceに同時押しMODを割当てるだけでした。
    これなら切替操作が不要で、かえうちパートナーも使えます。

    • この返信は6年、 7ヶ月前にmokayasuが編集しました。理由: 添付ファイルの変更
    返信先: かえうちAll In One #1282
    mokayasu
    参加者

    規定の配列に追加して頂きありがとうございます。
    ただ、これはかえうちパートナーのサポート対象外になりますね。

    返信先: かえうちAll In One #1270
    mokayasu
    参加者

    さすが!といっては、失礼な言い方になりますが、切替操作がシンプルで使い勝手がいいですね。
    マクロBの用途が理解できました。

    NICOLA_W.kaeuchiは、パターンを追加する場合の考え方を単純にするため
    あえて共用できる配列面もパターン毎に定義する形にしています。

    返信先: かえうちAll In One #1263
    mokayasu
    参加者

    コメント頂きありがとうございます。

    [既定のキー配列]のNICOLA(無変換・変換)にNICOLA(Space・変換)をシンプルに追加した定義を作ってみました。
    複数のパターンをひとつにまとめる方法はマニュアルのキーボード配列面の説明を参考に考えました。

    <使い方>
    NICOLA_W.kaeuchiをかえうちに書込みます。
    PCにつないだ最初はNICOLA(無変換・変換)になっています。
    かえうちの赤LEDが消えている(英数モードになっている)ことを確認し、「Z」キーを押しながら「Q」キーを押すと
    NICOLA(Space・変換)になります。
    Pauseキーを押すとNICOLA(無変換・変換)に戻ります。
    NICOLA(無変換・変換)のときにPauseキーを押すと数字の0が入力されます。
    NICOLA(無変換・変換)、NICOLA(Space・変換)どちらになっているか分からなくなった時は、0が入力されるまで
    繰返Pauseキーを押せば、NICOLA(無変換・変換)に戻ります。
    親指シフト入力の仕方はご存知通りです。説明は省略します。

    <作成方法>
    配列面0~5はNICOLA(無変換・変換)
    配列面10~15に配列面0~5をコピーしてNICOLA(Space・変換)に修正しました。
    マクロA英数とマクロAかなの面OFF1,面ON1を面OFF11,面ON11に変更したマクロA5、マクロA6を追加し
    配列面10をマクロA英数⇒マクロA5、マクロAかな⇒マクロA6に修正しました。
    左右の親指シフトになる同時押しMOD2(配列面=13、単独押し機能=Space)と同時押しMOD3(配列面=14、単独押し機能=変換)を追加し
    配列面11を同時押しMOD0⇒透過、Space⇒同時押しMOD2、同時押しMOD1⇒同時押しMOD3に修正しました。
    同時キー(単独2)は全て同時キー(単独12)に修正しました。
    修飾キーを押している間 有効になる配列面を全て5⇒15に修正しました。
    Pauseキーを透過からPauseに修正しました。
    配列面12~15はコピーしたそのままです。

    <切替の仕掛>
    切替は配列面10を有効(ON)/無効(OFF)にするだけで行えます。特殊機能「面10 ON」、「面10 OFF」を使います。
    配列面10が無効(OFF)のとき、配列面0~5に従ってNICOLA(無変換・変換)の親指シフト入力ができます。
    配列面10が有効(ON)のとき、配列面10~15に従ってNICOLA(Space・変換)の親指シフトができます。
    配列面31でNICOLA(無変換・変換)からNICOLA(Space・変換)に切替える、特殊機能「面10 ON」を「Q」キーに割当ています。
    配列面10のPauseキーにNICOLA(Space・変換)からNICOLA(無変換・変換)に切戻す、特殊機能「面10 OFF」を割当てています。

    配列面0で「面10 ON」を行う必要がありますが、何かのキーを犠牲にして「面10 ON」を割当てるのは簡単ですが、
    いずれのキーも犠牲にすることなく、配列面0で「面10 ON」できる様にしました。
    それがユーザーMOD0です。ユーザMOD0を割当てたキーを押しながら他のキーを押すと配列面31のキーor機能を入力できます。
    ユーザMOD0を「Z」キーに割当てました。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)