本体

各部の名称

本体上面

USB-A オス端子 PC,タブレット,スマートフォンなどに接続します。
USB-A メス端子 USBキーボードを接続します。
電源 LED(緑) 本体の状態を示すLEDです。常時点灯しており、設定変更時には点滅します。明るさ変更可能。
IME LED(赤) 日本語入力モードの状態を示すことを想定したLEDです。点灯タイミングはカスタマイズできます。明るさ変更可能。

本体下面

リカバリー端子 カスタマイズモードに入れなくなった場合に使用します。

ケース

かえうちは、ICやUSB端子が実装された基板をケースに収めた構造になっています。

ケースは透明なプラスチックでできています。製造工程上、小キズの混入を防ぐことができません*1専用ケースを作成すると製品価格が大幅に上がってしまうため、ケースは既存製品から流用しています。。申し訳ございませんが、ケースのキズについてはご了承ください。

内蔵LED

明るさ

カスタマイズの「全般」タブで、LEDの明るさを設定可能です。

ここでの明るさ設定は、すべての点灯パターンに共通して使われます。0%(常に消灯と同義)にした場合、本体の状態を確認できなくなるのでご注意ください。

点灯パターン

かえうち本体に搭載されるLEDは、システムの状態を表すのに使われます。

以下の表は、内部プログラム ver.1.1 以降の場合です。

キー入力 不可
キーボード接続待ち
キーボード認識処理中
この状態が続く場合は、キーボード認識に異常あり
両方消灯 かえうちが起動していません
システム側のUSB接続を確認してください
キー入力 可
通常動作
赤LEDの動作はユーザーが設定

または

(赤点灯中なら一時消灯)
出力モードの切り替わりを示す
消灯が1回ならJISモード、2回ならUSモード


または

出力モードの切り替わりを示す
消灯が1回ならローマ字モード、2回ならかなモード
カスタマイズモード


(交互点滅の後、緑点滅に戻る)
本体操作でカスタマイズモードに入る 操作の1回目(キーボードを接続せずに5秒が経過した)


赤緑交互点滅の後、両方点灯し、その後消灯
カスタマイズモードに切り替わった

リカバリー端子

基本的には使用しません。

何らかの問題が発生してキーボード操作や本体操作でカスタマイズモードに入れなくなった場合には、リカバリー端子を操作することで強制的にカスタマイズモードに入ることができます。

リカバリー端子の使い方

リカバリー端子を使用するためには、ケースを開ける必要があります。マイナスドライバーやプラスチックヘラなどを使ってケースを開けてください*2接着はしてありませんが、とてもキズが付きやすいので注意してください。

ケースを開けた状態で本体をPCに接続した状態で(キーボードを接続する必要はありません)、リカバリー端子にマイナスドライバーなどの金属を接触させて左右の半円をショートさせます。ショートすると即座にカスタマイズモードに入ります(電源LEDが消灯します)。他の端子をショートさせたり、基板を傷付けないように十分注意してください。

注釈   [ + ]

1. 専用ケースを作成すると製品価格が大幅に上がってしまうため、ケースは既存製品から流用しています。
2. 接着はしてありませんが、とてもキズが付きやすいので注意してください。