同時押しMOD

同時打鍵によるキー機能の切り替えの設定方法を解説します。

基本構成

かえうち の同時打鍵は、以下を基本とします。

  • 同時押しをするキーは同時キー同時押し
    MOD
    のいずれかを割り当てる。
  • 同時キー同時押し
    MOD
    と同時に押すと、配列面が切り替わる。
  • 同時キーを離すときに、同時押し
    MOD
    が同時に押されたかを判定してキーを出力する。
  • 同時押し
    MOD
    同時押し
    MOD
    の同時押しは割り当て可。
  • 同時キー同時キーの同時押しは割り当て不可。

NICOLA配列*1いわゆる「親指シフト」。で言えば、通常の文字キーが同時キー、左/右親指キーが同時押し
MOD
、Ctrlなどの機能キーは通常キーとして割り当てることになります。

同時打鍵による配列面シフト

例として、「単独で押したときは『い, ろ, は』」「変換キーと同時に押したときは『が, ざ, だ』」「変換キー単独は『Enter』」となるように設定します。

配列面0(基本の配列面)

  • H, J, Kキー:同時キー
    (単独1)
    • 「同時押しMOD」と同時に押すと機能が切り替わるキーになります。
    • 単独で押した時は(配列面の有効無効や優先順位に関係なく)配列面1を参照します。
  • 変換キー:同時押し
    MOD 0
    • 「同時押しで配列面を切り替えるキー」に設定します。

配列面1(単独打鍵時の配列面)

H, J, Kキーを単独で押した時は(配列面の有効無効や優先順位に関係なく)この配列面を参照します。それぞれ「い, ろ, は」を出力するように設定します*2なお、ここで[透過]に設定した場合は、何も出力されません。

配列面2(同時押しMOD 0と同時押ししたときの配列面)

H, J, Kキーを変換キーと同時に押した場合は(配列面の有効無効や優先順位に関係なく)この配列面を参照します。それぞれ「が, ざ, だ」を出力するように設定します*3なお、ここで[透過]に設定した場合は、何も出力されません。

同時押しMODの設定

同時押し
MOD 0
の動作を設定します。

同時キー同時押し
MOD 0
と同時押しした時の配列面は「2」、同時押し
MOD 0
の単独打鍵の機能はEnterに設定します。

これでそれぞれのキーの単独押しと同時押しへの機能設定が完了しました。

連続シフト

同時押し
MOD
を押している間に複数の同時キーを押した場合の動作を設定します。詳細は連続シフトをご覧ください。

連続シフト 動作 キー配列例
有効 すべての同時キーにシフトがかかる 飛鳥カナ配列
無効 最初の同時キーのみシフトがかかる NICOLA

単独押し ロールオーバー

同時押し
MOD
が単独押しされたかの動作を設定します。同時押し
MOD
を離す前に他のキーを押したり、他のキーを離す前に同時押し
MOD
を押し始めた(同時打鍵ではなかった)場合の処理が変わります。

ロールオーバー 動作
許容する 他のキーとのロールオーバーがあったとしても、同時押しでなければ「単独押し」を出力する。
(単独押しに文字キーを割り当てる場合向き)
出力しない 完全に単独な場合のみ「単独押し」を出力し、他のキーとロールオーバーした打鍵は無視する。
(単独押しに機能キーを割り当てる場合向き)

単独押しの動作には利用するキー配列との親和性や好みもあるので、迷ったら両方試してみてください。

単独押し キーリピート

同時押し
MOD
を押し続けたときの動作を設定します。

キーリピート 動作
有効 押し続けると自動的に「単独押し」を出力する。
以後キーリピートする。
無効 一定時間以内に離した場合のみ「単独押し」が出力される。
長く押し続けて離した場合は何も出力しない。

キーリピート有効で自動発行されるまでの時間、キーリピート無効での単独押しになる時間範囲は「全般」タブで設定できます。

注釈   [ + ]

1. いわゆる「親指シフト」。
2, 3. なお、ここで[透過]に設定した場合は、何も出力されません。