はじめに

製品を受け取ったばかりの方へ

「かえうち」はカスタマイズを前提とした製品です。

カスタマイズに用意された機能は多岐に渡り、設定方法は複雑です。すべての機能を理解してから設定するのは現実的ではありません。

まずは以下の順に試し、必要に応じて他のページを読みながら、機能を追加していってください。

※ 以下の内容は Windows または macOS において、JIS(106/109;日本語)キーボードを使うことを想定しています。

1. 動作確認

かえうちを PC/Mac とキーボードの間に接続して普通にキーボードが動作すること(何の変換もされません)を確認してください。

システムとキーボードの両方を接続すると、約4秒後に使用可能になります。キーボードは後で使うので、かえうちと共に接続したままにしてください。

※ ここがうまくいかない場合は、PC/Mac または キーボード が非対応の可能性があります。LEDの表示を確認し、他のPCやキーボードをお試しください。

2. プロダクトキーを確認する

発送時に送られるメールに、プロダクトキーと配送情報(追跡番号)が書かれています。プロダクトキーは今後の手順に必要になります。

※ メールは [at] webshima.jp ドメインから送られます。迷惑メールフォルダなども確認してください。どうしても見つからない場合はお問い合わせフォームから再発行を依頼してください。

3. かえうちカスタマイズ Online を開く

Google Chrome, Firefox, Safari のいずれかで かえうちカスタマイズ(キー配列設計用Webアプリケーション)を開きます。

プロダクトキーを入力し、「送信」を押してください。かえうちカスタマイズ Online が開きます。

※ エラーメッセージなどが表示される場合は、メールまたはフォーラムで問い合わせてください。

4. [既定のキー配列] を読み込む

かえうちカスタマイズ Online には、あらかじめ主要なキー配列が用意されています。画面上部の [既定のキー配列] を開き、使用したいキー配列に近いものを選んでください。

  • いわゆる 親指シフト は「NICOLA」です。数字段の同時押しで記号を入力したい場合は「NICOLA (数字段付き)」をご利用ください。
  • いわゆる orzレイアウト は「NICOLA 右手ずらし」です。

選択した時点で、以下のようなメッセージが表示されます(内容はブラウザによって異なります)。「OK」「続ける」あるいは「このページを離れる」などの次に進められるボタンをクリックしてください。

5. カスタマイズファイルのダウンロード

使用許諾契約及びライセンス(青字部分のクリックで表示されます)を読み、同意する場合はチェックを入れてください。

「カスタマイズファイルのダウンロード」を押すと、カスタマイズファイルがダウンロードされます。

※ 内部プログラムのバージョンは初期状態のままで構いません。カスタマイズファイルをフォーラム等に投稿する場合は、内部プログラムを「なし」にしてダウンロードしたファイルを添付してください。

6. 書き込みソフトのダウンロード

カスタマイズファイルを かえうち本体 に書き込みするソフトウェア「かえうちライター for Windows/macOS」をダウンロードします。

ソフトウェアのダウンロードから「かえうちライター for Windows」または「かえうちライター for macOS」を選択し、「ダウンロード」ボタンを押してください。

7. かえうち本体をカスタマイズモードにする

かえうち にカスタマイズファイルの書き込む際は、かえうち をカスタマイズモードにする必要があります。

かえうちにPCとキーボードを接続した状態で、キーボードの左Shiftと右Shiftを押しながらEscを押してください。Escを押した時点ですべてのキーを離して構いません。以下のようなパターンでLEDが光ります。



(赤緑交互点滅の後、両方点灯し、その後消灯)

これでカスタマイズモードに切り替わりました。LEDは消えますが、USB端子は接続したままにしてください。

8. カスタマイズファイルを書き込む

以下のページに従って、カスタマイズファイルの書き込んでください。

※ Windowsで書き込みがうまくいかない場合は、[Windows] カスタマイズモードの かえうち が認識されない をご覧ください。

書き込みが完了すると、自動的に かえうち がキーボードを再認識します。

9. キー配列が切り替わったことを確認する

キー配列が変換されていることを確認してください。

  • NICOLAや月配列などほとんどの[既定のキー配列]は、日本語と英語で別々のキー配列を設定しています。日本語入力モードへの切り替えは変換またはひらがなキーです。
  • OS側の日本語/英語入力の状態と、かえうちのキー配列状態が一致しないことがあります。[マニュアル]かえうちパートナー を導入することで自動で状態を一致するようになります。

10. 困ったら

分からないことや、うまくいかないことがある場合は、マニュアルを読む、[マニュアル]よくある質問 を確認する、フォーラム で質問する などで対処してください。